受験勉強事情について

現代の大学進学率は50%を超えていると言われています。長期に渡る不景気や高卒と大卒の賃金格差が影響しているのか、世の中が大学へ進学しないと就職が困難であるなど、進学する方が有利ではないかといった考え方が増えているのかもしれません。また、大学の数も増え幅広い大学があるという事や、利用しやすくなった奨学金制度などにより進学をする学生は増えています。そのような事が背景にあり、小さい頃から英才教育をし、塾や家庭教師を選ぶなど、受験勉強のために教育熱心な親たちが増えています。そこで、どのような方法で勉強をする事がベストなのでしょうか。学校の授業でしっかりと勉強できれば理想ですが、今の学校教育ではなかなか難しいようです。やはり、学校以外での学習が必要となります。大勢の中で競争し学ぶ方が良いのか。個別指導型なのか。それとも家庭教師を選び自宅勉強型なのか。最近では様々な選択肢があります。親も子も、大変悩むところですが、子供にあった勉強法を選ぶことが大変重要となってきます。ここ最近、家庭教師を選ぶ家庭も多いようです。それぞれの子供にあった勉強法を考えると1対1の教師が理想的なのかもしれません。家庭教師となると、指導料が高額なイメージではありますが、最近では、プロの家庭教師から学生アルバイトの家庭教師まで、様々なタイプがあり費用もかなり抑えられています。総合的に考えると、費用も学習塾と変わらない場合があります。 

 

[TOPIC]
プロの家庭教師はこちらの派遣会社から紹介してもらえます → 家庭教師